更新日:2018年12月14日

女性でも自毛植毛を受けられるのか?

 

女性の薄毛も自毛植毛で改善できます

女性でも自毛植毛の手術はうけられます。

 

女性の自毛植毛の症例は年々増えています。なぜなら男性より女性の薄毛の方が深刻な問題だからです。

 

男性が薄毛になり、仮に何も対策をしなくても、最終的に髪を短く(坊主等)すればなんとかなりますが女性の場合はそうはいきません。なにかしらの対策をしなければ、男性よりも目立ってしまうからです。

 

自毛植毛を受ける女性の割合

 

植毛と言えば男性がするものというイメージが強いです。実際に比率を見ても男性が多いのは事実です。しかし、植毛を受ける女性も全体の1割ほどいます。

 

女性の自毛植毛はあまり知られていませんが、すでに全体の1割が女性であることを考えると、女性の方が薄毛対策を行うタイミングが早いと言えるでしょう。

 

 

男女に違いはなし!自毛植毛を受ける費用について

 

自毛植毛の手術を受ける場合、男性か女性かで費用が変わる事はありません。

 

基本的には次2つのうちどちらかになります。

  • 基本料金 + 1グラフト(毛穴)単価×グラフト単価
  • セット価格

 

女性の自毛植毛にかかる費用ランキング(500グラフト)

順位

クリニック名

消費税別の費用

(手術方法)

1位

TOMクリニック

390,000円

(機械)

2位

湘南美容クリニック

490,000円

(機械)

3位

ヨコ美クリニック

510,000円

(手作業)

4位

親和クリニック

650,000円

(手作業)

4位

アイランドタワークリニック

800,000円

(手作業)

※切らない植毛(FUE法)での価格です。

 

女性の自毛植毛は、範囲が狭くて済む場合が多いので500グラフト(1250本)で計算しています。上の表は全て女性の自毛植毛に対応しているクリニックなので料金を参考にしてみてください。

 

 

薄毛に悩む日本人女性は約600万人!

 

日本全体で薄毛に悩む女性は推定600万人と言われていて、潜在的な人数だと500万人~1000万人とも言われています。薄毛の悩みは相談しにくいものです。ましてや女性の薄毛となればもっと相談しにくいのではないでしょうか。

 

女性と男性の薄毛の違い

男性の薄毛は想像がつきますが、女性は薄毛というイメージがあまりないため指摘されにくく自分でも気づきにくいという特徴があります。

 

女性の薄毛の種類
  • びまん性脱毛症
  • 女性の男性型脱毛症(FAGA)
  • 分娩型脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 粃糠性(ひこうせい)脱毛症
  • 牽引性(けんいんせい)脱毛症
  • 円形脱毛症

 

女性の髪はどのように薄くなるのか?

症状によって変わりますが、基本的に女性は髪の毛が全体的に薄くなって行くのが特徴なので部分的に薄くなっていく男性とは違いがあるようです。

 

あらわれやすい症状
  • 髪の毛のハリやコシがなくなってきた
  • 髪の毛のボリュームが少なくなってきた
  • 実際に頭皮が透けて見える

 

女性が薄毛に気づく5つの瞬間

 

自分の姿を客観的に見たり、他の人に指摘されて薄毛を気にし始めることが多いようです。

  • 鏡で自分の顔を見た時
  • 抜け毛が気になった時
  • 旦那に言われた
  • 髪を洗ってる時の違和感
  • 昔の自分の写真を見た時

 

 

女性の自毛植毛についてのまとめ

 

管理人が調査をしていく中で、女性の薄毛は人知れずに悩んでいる方が多くいることに気づきます。できれば誰にも知られずに薄毛を解消するためにインターネット上で情報を集めるのは特に有効な手段だと思います。

 

そして、確実に成果をあげるために自毛植毛が必要な事もお伝えしなければいけません。もちろん他の手段が効果がでないとはいいませんが、効果が出るのに個人差があります。

 

どちらにしても多くのお金がかかるのなら確実に効果の出る自毛植毛がいいと個人的には思います。まず、1人で悩まずにお金のかからない無料のカウンセリングを受けることをおすすめします。

 

↓↓↓

 

>>大手植毛クリニックの無料カウンセリングはこちらから<<

 

 

 

植毛を取り扱うクリニックの一覧