更新日:2018年12月9日

生え際の自毛植毛の参考費用

 

生え際が上がり始めてきた軽度の時に約1,250本を移植したときの費用です。生え際には産毛と普通の太めの毛が混じって生えていますが、産毛が増えてきていると薄毛の経過をたどってしまっているので注意したほうがいいでしょう。

 

クリニックごとの目安なので参考にしてください。

 

クリニック名

手術費用総額

TOMクリニック 

390,000円(税抜き)

AGAルネッサンスクリニック 

498,000円(税抜き)

ヨコ美クリニック 

510,000円(税抜き)

親和クリニック 

550,000円(税抜き)

ニドークリニック 

686,000円(税抜き)

アイランドタワークリニック 

800,000円(税抜き)

紀尾井町クリニック 

800,000円(税抜き)

※クリニックによっては別途血液検査代がかかります。
※施術方法はFUE、本数は1グラフト=2.5本で計算しています。

 

自毛植毛で生え際の薄毛を解消できるのか?

 

自毛植毛の手術をすると生え際の薄毛が解消できて、自分の毛が自然に生え続けます。

 

薄毛の中でも生え際の薄毛に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。自毛植毛はもっとも確実で有効な生え際対策です。

 

生え際へ自毛植毛する場合の有効な症状

 
生え際があがってきている場合

典型的な薄毛の症状です。AGA(男性型脱毛症)と呼ばれていて自然に薄毛が治ることはありません。

生え際のラインがいびつな場合

ある程度いびつになるのは自然な事ですが、生え際のラインが整っていない、濃い、薄いが極端にあるのは見た目にも美しくありません。

まっすぐな生え際は余計不自然になる

人の髪の毛の生え際はきっちりとまっすぐではありません。基本的にはど真ん中を中心に山を描くように髪の毛が生えています(山の深さは人それぞれ)。そして、決してまっすぐではなく自然なラインを描くことできれいな生え際を作っています。

 

こういった場合にも自毛植毛で局所的にメンテナンスをすることできれいな生え際を手に入れる事ができます。

 

自毛植毛が多い理由、生え際は典型的な薄毛症状

 

自毛植毛の手術を行う部位として多いのが生え際です。生え際の薄毛がどういう状態かというと前髪を持ち上げておでこを出します。まさにこの髪の毛が生え始めているところが全体的に上がってきた場合に生え際の植毛を考える方が多いようです。

 

特に生え際はよく人から見えるため頭頂部のうすげよりも目立ちます。

 

多少費用がかかっても確実に効果の出る自毛植毛の手術で薄毛を解消する方が多いのもそのためです。

生え際後退による世間の風当たり

女性は少しおでこが広くてもチャームポイントとしてかわいいという評価になることもありますが、男性においてはそういったことにはいっさいなりません。

 

なぜこうも扱いが違うのか納得いきませんが、これをくつがえすためには何かしらの対策をしなければいけません。

 

>>女性の自毛植毛について詳しく知りたい方はこちら

 

部位別おすすめ記事

植毛を取り扱うクリニックの一覧