更新日:2018年12月9日

自毛植毛ができる全国100以上のクリニックを徹底調査!3つのおすすめポイントとは?

 

私は、20代の頃から薄毛に悩んでいて、暇さえあれば薄毛のことを調べているという毎日でした。

 

今日までに調べたクリニックの数は100を超えていて、クリニックごとの特徴、費用、口コミ、そのクリニックがどこの地域に強いのかなどの詳しい情報が見えてきました。

 

そんな私なので、薄毛や植毛に関しては、もはやオタクレベルでしょう。

 

自毛植毛のおすすめクリニック、薄毛の知識

 

薄毛対策は、植毛、AGA治療、カツラ、育毛、増毛がありますが、いろいろ調べた結果、確実に髪の毛が生える植毛手術を受けることを決心しました。

 

大金を出して植毛すると決めたからには、絶対に失敗したくありません。

 

どうすれば自毛植毛は失敗しないのか?

植毛手術に必要なのは、まず「植毛クリニックを知ることだ!」と日本全国にある植毛ができるクリニックを徹底的に調べてみました。

 

日本全国で植毛ができるクリニックは20以上あり、店舗数だと100を超えています。

 

クリニックを調べる中で感じたことは、症例数が多い・少ないは、そのまま口コミや評判に比例しやすいということです。

 

おすすめの植毛クリニックを選ぶ3つのポイント

<1.症例数が多いこと>
植毛クリニックを探す時に1番大切なのは症例数です。植毛手術を成功させるためには、腕のいい先生に出会う事です。

 

そのためにはまず、症例数を多くこなしているクリニックを選ぶことが大切になります。

 

某大手クリニックに聞いたところ、「症例数が多いクリニックは、植毛手術を受けた人が、ちゃんと発毛したことを確認できる人数も多い。」とのこと。

 

植毛は髪の毛が生えるまで時間がかかります。クリニックとしても、結果を知る機会が多くなることで、悪いところを改善するきっかけとして重要な意味があるんですね。

 

<2.クリニック数(通いやすさ)>
クリニックの数が多ければ、通いやすくなるのでこれも重要なポイントになります。

 

<3.施術方法>
現在多くの植毛手術は、メスを使わないFUE法という術式で行われています。メスを使う手術にもメリットはありますが、基本的には体にメスを入れずに済む術式を選ぶ方がリスクは少なく済みます。

 

<番外編.費用>
自毛植毛には大金がかかりますが、自毛植毛を体験した人は、費用が安いだけでクリニックを選んでいませんでした。

 

あくまで上の3つの条件をクリアしているという条件の中で、できるだけ安く費用を抑えることは大切です。

 

<番外編.運営年数>
そのクリニックが開院してからの年数も確認しておきたいところです。評判の悪いクリニックが長い年数存在はできません。

 

 

植毛おすすめランキングBEST3

順位 クリニック名 総合評価へ

自毛植毛のおすすめクリニック第1位

アイランドタワークリニック

総合評価を詳しく見る

自毛植毛のおすすめクリニック第2位

親和クリニック

総合評価を詳しく見る

自毛植毛のおすすめクリニック第3位

ヨコ美クリニック

総合評価を詳しく見る

このランキングは、植毛専門のクリニックであることと、切らない植毛(メスを使わない)であることを条件に作成しています。

 

クリニックの総合評価

       

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニック新宿院の受付の様子

<アイランドタワークリニック新宿院の受付の様子>

総合評価

日本の植毛シェア60%以上を占める自毛植毛専門のクリニックです。

 

15年の実績と25,000件を超える症例数で口コミや評判も多い中、手術に関する批評はほとんどありません。デメリットは費用が安くないことです。

 

安心できるポイントは、スタッフのプライバシーへの配慮がしっかりしていて、個室対応してくれるところです。クリニック内も落ち着いた雰囲気で、清潔感がありました。

 

アイランドタワークリニックのポイント
設立年 2003年
症例数 25,000人
所在地 新宿、名古屋、大阪、福岡の4店舗
術式 FUE法(メスを使わない)
費用 680,000円(約1,000本を植毛したとき)
割引とキャンペーン
  • 基本料金割引(不定期)
  • 交通費、宿泊費(提携ホテル)全額無料
  • モニター割引

 

まとめ

植毛クリニック総合評価(アイランドタワークリニック)

運営年数が15年と長く、症例数が25,000件を超えているクリニックで、総合評価は4.2と高い数字になっています。直接問い合わせて確認したところ、開院してから大きなトラブルはおきたことがないとのことでした。

 

また、植毛専門のクリニックとしては店舗数が4店舗と多いのもプラスポイントです。こういった内容をまとめると、おすすめのクリニックと言えるでしょう。

 

高額になる自毛植毛の費用ですが、思い切ったキャンペーンで基本料金を割引やモニター割引もあるので条件によっては、費用を抑えることもできます。

 

そして、意外に高くつく、交通費や宿泊費(提携ホテル)を全額返金するサービスをやっているので、遠方から手術をしに来ても安心ですね。

 

他クリニックでも交通費・宿泊費サービスをやっているところはありますが、手術を受ければという条件だけで、全額還元しているのはこちらのクリニックだけです。

 

アイランドタワークリニックのカウンセリングは、無料なのはもちろん、実際に自毛植毛を経験者したスタッフが話を聞いてくれるので、普段誰にも話せない薄毛の悩みを話すだけでもカウンセリングを受ける価値があります。

 

 

植毛経験のあるスタッフから無料のカウンセリングを受ける

 

↓↓↓

 

>>アイランドタワークリニックの公式ページ<<

 

 

         

親和クリニック

親和クリニック新宿院内の様子

<親和クリニック新宿院内の様子>

総合評価

恩田正光医師が平成26年に開設したトータルサイエンスヘアケアのクリニックです。

 

ハイスピードメガセッションという広範囲5000株(13000本)の移植を実現可能としています。また、通常の3倍以上となる1cm四方あたり80~100グラフトの高密度な移植も可能です。

 

親和クリニックのポイント
設立年 2014年
症例数 5,000人
所在地 新宿、名古屋、大阪、福岡の4店舗
術式 FUE法(メスを使わない)
費用 560,000円(約1,000本を植毛したとき)
割引とキャンペーン
  • 交通費、宿泊費(提携ホテル)※最大で全額無料
  • モニター割引

 

まとめ

植毛クリニック総合評価(親和クリニック)

費用と割引も合わせて5段階で評価すると平均で3.4という結果になりました。

 

親和クリニックでは、約5,000件の症例数があります。この数字が何を表しているかというと、自毛植毛の業界でシェアを拡大してきているということです。

 

設立した年から考えるとまだ若いクリニックですが、このクリニックの売りは高密度の植毛ができることなので密度にこだわるならおすすめのクリニックです。

 

ただし、密度は多ければいいというものではなく、全体のバランスが大切になるので注意しましょう。

 

 

高密度の植毛を受けるための無料カウンセリングはこちら

 

↓↓↓

 

>>親和クリニックの公式ページ<<

 

 

         

ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニックの入口の様子

<ヨコ美クリニックの入口の様子>

総合評価

自毛植毛の専門クリニックです。今川院長の症例数は25年で15000件、年間500~600件をこなし、カウンセリングから手術までを一人担当しています。

 

そのメリットとしてはカウンセリングと手術時のイメージにずれはおきにくい。個人差がありますが、密度が少なく感じる、傷跡が気になるという口コミが見当たります。

 

ヨコ美クリニックのポイント
設立年 1963年
症例数 15,000人
所在地 横浜のみの1店舗
術式 FUE法(メスを使わない)とFUT(メスを使う)
費用 420,000円(約1,000本を植毛したとき)
割引とキャンペーン 特になし

 

まとめ

植毛クリニック総合評価(ヨコ美クリニック)

費用と割引を合わせて5段階で評価すると平均で3.2という結果になりました。

 

ヨコ美クリニックは、30年以上の実績と15,000を超える症例数があります。口コミを調査すると地域に根ずいている印象が強く、横浜近郊の方にはおすすめできるクリニックと言えます。

 

マイナスポイントは横浜にしかクリニックがなく通いにくいことと、院長がカウンセリングから手術までをこなしているため、予約が取りにくいことがあげられるので、関東近郊以外の方には施術を受けるのが、難しい印象です。

 

 

横浜の老舗植毛クリニックで無料カウンセリング受けるなら

 

↓↓↓

 

 

>>ヨコ美クリニックの公式ページ<<

 

 

切らない植毛(FUE法)をおすすめする理由

植毛の手術方法は、大きくわけてメスを使って切る植毛(FUT法)とメスを使わず、切らない植毛(FUE法)この2種類があります。

 

切らない植毛だけを選んだ理由
  • 最先端の植毛技術
  • メスを使わない
  • 痛みが少ない
  • 傷あとが少ない

現在は、切らない植毛が主流なのであえて切る植毛を選ぶ理由は、特にないでしょう。

 

>>> 切らない植毛(FUE法)について詳しく見てみる

 

ただし、切る植毛(FUT法)にもメリットがあり、場合によっては進められることがあります。

 

例えば、広範囲の植毛です。広範囲の植毛をするときは切る植毛と切らない植毛を併用することで、頭皮に負担をかけず、より自然な仕上がりになる場合があるからです。

 

このような提案はカウンセリングの際に提案されるので、必要があれば詳しく聞いてみることをおすすめします。

 

>>> 切る植毛(FUT法)について詳しく見てみる

 

手作業の植毛手術をすすめする理由

自毛植毛のおすすめクリニックはどこ?

手作業の方が毛根をきれいに採取することができる。

 

これが理由です。

 

植毛ロボット(ATRAS)を使った植毛は、機械技術が進歩したことで取り扱うクリニックが増えました。

 

もちろん大きなメリットもありますが、デメリットもあるのでお話ししておかないといけません。

 

メリット
  • 植毛前のドナーの採取を機械でできる
  • 手術時間の短縮
  • 人件費を抑えられる

 

デメリット
  • 毛根の採取を均一にしてしまう
  • 手作業よりも発毛率が下がる
  • 手術を受けてる最中に不安感を感じてしまう

 

このメリットとデメリットを見てみると植毛手術を受ける側のメリットは、費用が安くなって、手術時間が短めになることです。しかし、植毛手術は術後に髪の毛が生えなければ意味がありません。

 

毛根はそれぞれ、深さや太さが違います。それを機械では細かく判断することができないので、移植後に毛根の力を最大限に発揮させることができないのです。

 

つまり、せっかくお金と時間を使い、恐怖心も乗り越えて移植したのに発毛率が下がってしまうのです。

 

植毛手術は、そもそもリスクが高いのに、さらにこのリスクをしょい込む必要はないでしょう。少しでも不安が残るのであれば、植毛用ロボットは選ばずに、手作業の植毛手術をするクリニックを選ぶべきだと思います。

【都道府県別植毛クリニック】自分の家から一番近い植毛クリニックはどこ?

自毛植毛を取り扱っているクリニックは日本全国にあります。自分の住んでる住所から一番近い植毛クリニックはどこになるのでしょうか?

 

下の表の都道府県名をクリックすると、その都道府県にある植毛クリニックの詳細がわかります。

 

カッコ内が「0」の場合、クリニックはありませんが、その都道府県から一番近いクリニックの詳細がわかるようになっています。

 

8地方区分 県名(カッコ内はクリニック数)

北海道

北海道(5)

東北

青森(1)岩手(0)宮城(4)秋田(1)山形(0)福島(0)

関東

東京(33)茨城(0)栃木(1)群馬(1)埼玉(7)千葉(4)神奈川(4)

中部

新潟(1)富山(1)石川(0)福井(0)山梨(0)長野(1)岐阜(0)静岡(2)愛知(13)

近畿

京都(3)大阪(17)三重(0)滋賀(0)、兵庫(1)、奈良(0)、和歌山(0)

中国

鳥取(0)島根(0)岡山(2)広島(3)、山口(1)

四国

徳島(0)香川(1)、愛媛(1)、高知(1)

九州・沖縄

福岡(13)、佐賀(1)、長崎(1)大分(1)熊本(1)宮崎(0)鹿児島(0)沖縄(1)

 

 

部位別の自毛植毛に関係するおすすめ記事一覧

薄毛と一口に言っても薄くなる場所や薄くなる度合いは人それぞれです。ここではそれぞれの部位別の薄毛を自毛植毛で改善する場合の記事を紹介します。

 

私も薄毛に悩んで、いろいろ調べましたが、自分の薄毛の状態に必要な情報って中々見つからないものです。まずは、ご自身が薄くなっている部位のページを見てもらえば参考になると思います。

 

部位別の自毛植毛関連記事

 

植毛に関係する部位別の疑問

 

自毛植毛の費用は高い?安い?

 

植毛の費用は、大きく分けると3つの価格帯があります。カンタンに言うと、移植元を機械で採取すると安くて、美容外科は高い、植毛大手が相場を作っているといった印象です。

1000グラフト(約2500本)を移植した場合
クリニックの種類 相場

移植元を機械で採取

60万円~

植毛専門の大手

100万円~

美容外科で植毛

200万円~

安心して自毛植毛の手術を受けるのあれば、大手クリニックの相場から判断するとわかりやすいでしょう。

 

植毛費用の詳細ページ一覧
 

植毛を取り扱うクリニックの一覧

植毛の歴史は戦争が始まりだった?

 

自毛植毛の歴史

自毛植毛の歴史には戦争が関係していました。戦争でけがをした方への皮膚移植の延長で頭部の皮膚移植をしたというのが始まります。

 

当時はリスクが高すぎたため発展はしなかった自毛植毛ですが、戦争が終わってからは、たくさんの医者の努力によって安全な薄毛治療の方法として発展しています。

 

>> 植毛の歴史を詳しく見てみる方はこちら