更新日:2018年12月14日

自毛植毛でばれずに薄毛を解消する事はできるのか?

自毛植毛の手術はばれるのか?

結論から言うと周囲にばれずに自毛植毛の手術を受けて、髪を生やすことはできます。

 

その理由は、自毛植毛には以下3つのポイントがあるからです。

普通の髪の毛と同じく生えそろうのに時間がかかる

 

自毛植毛は手術後すぐに効果は出ません。むしろ生えそろうのに時間がかかることがデメリットですが、これは「周囲にばれる」という視点から見るとメリットになります。手術後は普通の髪の毛が生えそろうのとまったく同じだからです。

 

自毛植毛にかかる時間を詳しく知りたい方はこちら

自分の髪の毛が生えてくるので違和感はない

 

カツラや人工毛植毛とは違い、自分の髪の毛が生えてくるので違和感はまったくありません。当たり前ですが、ひっぱってもとれることもありません。

よほど目を凝らさないかぎり傷跡はわからない

 

自毛植毛の手術の傷跡はよく目を凝らして見ないかぎりわかる事はありません。さらに髪の毛が伸びることで隠れるのでバレる事はないでしょう。

 

傷あとについて詳しく見てみる方はこちら

 

自毛植毛がばれるとしたらこんな時

術後の後遺症

全員ではありませんが、手術が終わって3日目くらいから額やまぶたが腫れるといった症状が出ることがあります。(4人に1人程度の割合)
症状が出ることで「そのまま植毛したな?」とは結びつかないとは思いますが、他に様々な要素がからむと感づく人はいるかもしれません。

 

自毛植毛の後遺症(副作用)について詳しく知りたい方はこちら

 

広い範囲(メガメッション)の自毛植毛をおこなった場合

自毛植毛は狭い範囲よりも広い範囲を手術したほうが「ばれる」リスクは増えてしまうと言わざるをえないところです。これはどうしても広範囲になれば人の目につきやすいからです。

 

広範囲(目がセッション)の植毛が気になる方はこちら

 

人工毛植毛

自毛植毛ではなく、人工毛植毛を選ぶと手術後すぐに髪の毛が増えるため明らかに不自然となるため周囲にバレる危険性は高くなります。

 

また、人工毛植毛は自分の毛ではないため頭皮の炎症をおこしたり、時間とともに抜け落ちて不自然になり、周囲にばれる危険性が高くなります。

 

植毛後さらに薄毛が進行した場合

植毛手術後に薄毛が進行して髪の毛の生えているところと生えていないところのバランスが悪くなると周囲にばれる可能性は高くなります。

 

それでも自毛植毛がばれるのが心配な方のために

手術後数日は引きこもり

どうしても手術後というのは頭を保護したり気にしたりするので、その行動から感のするどい人には気づかれてしまうかもしれません。

 

手術に対するストレスや不安から開放されるのである程度まとめて休みが取れる方は骨休めを兼ねて念のため休みを取る方がいいと思います。

 

自毛植毛の手術に必要な休みについて見てみる方はこちら

 

手術は秋から冬場を狙う

手術後は頭を優しく保護するのと見た目の問題からニット帽をおすすめしたいのですが、夏場はそれだけであやしすぎます。なので涼しくなってくる秋から寒い冬であれば自然にニット帽がかぶれるので、おすすめです。

 

自毛植毛がばれないため、特に注意しておきたい人間関係とは

自毛植毛がばれる可能性のある相手一覧

100%をバレるとした場合の危険度を表しています。

相手

ばれる危険度

80%

彼女

30%

子供

10%

親族

 5%

仕事仲間

15%

上司

10%

 

嫁や彼女と言った生活を共にする存在は危険度が高いと言えるでしょう。ここまで近い存在であればむしろ正直に話してしまうのもいいかもしれません。

 

意外と仕事関係の人間とは共に過ごす時間が長いので術後すぐは休みを取るなどして念のため特に注意しましょう。

 

自毛植毛がばれないためのまとめ

自分でばれないための選択をすることも重要になります。

 

基本的に自毛植毛ならばれる事はありません。自毛植毛のデメリットである、すぐにフサフサにならない事が逆に自然な発毛の時間になることでちょうどいいメリットになるからです。

 

クリニックで行っている無料の事前カウンセリングなどで相談すると不安はさらに減らせます。

 

 

植毛専門で無料カウンセリングをやっているクリニックの最新情報

 

↓↓↓

 

>>最新の植毛クリニックランキング<<