更新日:2018年12月9日

なぜ?自毛植毛クリニックの定着率(生着率)だけを信じちゃいけないのか?

 

自毛植毛クリニックは定着率だけで決めてはいけません

 

植毛クリニックが高い定着率を公表しているからと言って、あなたが、その定着率(生着率)になるわけではありません。

 

植毛クリニックを選ぶときについあてにしてしまう定着率ですが、あくまで目安のひとつとして参考にする程度にしましょう。

 

ではなぜ、定着率をそのまま信じてはいけないのか、その理由を3つのポイントで解説していきます。

 

 

自毛植毛の定着率(生着率)3つのポイント

 

【ポイント1】定着率(生着率)の根拠

公平に計測するために髪の毛がまったく生えていない一部分に決まった本数を移植し、その中から何本発毛したかで定着率(生着率)を計測する方法が主流です。

 

しかし、この計測は2,000本、3,000本という大量の植毛での計測は基本的にしません。植毛したあとに大量の髪の本数を数えるのは現実的に無理があるからです。

 

そのため植毛する一部分にしぼって計測することになるわけです。

 

また、基本的に、計測はモニターを対象としているため一般の方からデータをとることはしません。

 

【ポイント2】定着率(生着率)が高い部位を選べる??

頭皮の一部分で定着率を出すということは、数値がよい部位を選べるということでもあります。

 

つまり、結果がよく出る場所、悪い言い方をすればクリニックにとって、都合のいい場所のデータを使えるとも言えます。

 

【ポイント3】定着率(生着率)は結果

まず話をしなければいけないのは、定着率(生着率)は結果のデータであるということです。

 

つまり発毛率=定着率(生着率)になるということになるので、手術をする前は目安にしかならないということです。

 

 

そもそも自毛植毛の定着率(生着率)ってなに?

 

定着率とは

自毛植毛の手術を受けた場合、手術予定の髪の毛の本数は植毛したら全て生えるかといったらそうではないんです。

 

例えば100本を移植しても100本がそのまま生えてくるわけではありません。手術の流れの中でどうしてもロスしてしまう分があるからです。そのロスする分を引いた分が定着率(生着率)です。

 

つまり、あらかじめ手術予定の本数は100%は生えるわけではありません。と言われていることになります。

 

100本植毛した場合

定着率(生着率)90%で90本生える

 

定着率(生着率)95%で95本生える

 

というのが、クリニックのホームページなどで表示されている定着率(生着率)という数値です。

 

 

2500本を植毛する場合の定着率(生着率)の差

定着率(生着率)

本数

90%

2250本

95%

2375本

5%の差

125本

 

5%違うだけで数字上だけでも125本の差が出てしまいます。自毛植毛を受ける側として、このロスはただの損なのでクリニックが公表している定着率(生着率)がいいにこしたことはありません。

 

 

自毛植毛はなぜ100%定着しないのか?

 

自毛植毛の手術を受ける場合の以下の過程で元々弱い移植株は使用しません。移植後にしっかり発毛する元気な移植株を選ぶからです。

 

また、移植後に患部を刺激することも定着率(生着率)を下げることにつながります。

 

ロスする可能性がある過程(クリニック側)

  • 株分け
  • トリミング
  • 分けた株の保存
  • 植え付け

 

移植後(植毛をうけた側)

  • 移植後の頭皮や髪の毛のケア
  • お酒を飲む
  • タバコを吸う

 

ロスを最小限にするには?

手術スピードは早く

これはなんといってもドナー採取から移植までに時間をかけないことです。つまり新鮮なうちに、なるべく早く移植する方がいいということです。

 

それを実現するために先生の技術はもとよりクリニックとしてのチーム力が大切になります。手術全体をいかに手際よく丁寧に短い時間でできるのかが最も重要といえるでしょう。

 

>>>技術力が高いクリニックの公式ページはこちら

 

移植株の乾燥をさける

移植用に株分けしたら乾燥をさけて早急に移植をする事が重要になるためクリニックのトータル的な技術力が大切になります。

 

手術後はさわらない、こすらない

植毛した場所は傷と同じです。手術後気になっても触ったり、こすったりしてはいけません。ここで頭皮を刺激してしまうと定着率(生着率)をさげてしまいます。

 

手術後はタバコは控える

傷を治す、発毛するという体のメカニズムにニコチンは大敵です。つまりタバコに含まれるニコチンが傷の治りを遅らせ、発毛を邪魔します。手術後2週間から3週間は禁煙をおすすめします。

 

>>>自毛植毛とタバコの関係をみてみる

 

手術後はお酒も控える

お酒は血流をよくします。しかし傷になっている植毛の場所からすると血流がよくなると出血がとまりにくくなり、傷が乾燥しにくくなります。こちらも手術後2週間から3週間は禁酒したほうがいいでしょう。

 

>>>自毛植毛とお酒の関係を見てみる

 

 

植毛の定着率まとめ

 

定着率だけをみてクリニックを決めてはいけない理由がおわかりいただけましたか?

 

とはいえ、定着率は低いより、高い方がいいのは間違いありません。あくまで参考までにというのがポイントです。

 

植毛のクリニック選びは大切です。絶対に失敗できませんから。

 

クリニックの実績が多く、メスを使わない術式を取り扱うおすすめのクリニックのランキングがあるのでこちらもみてみてください。

 

↓↓↓

 

>>おすすめの自毛植毛クリニックランキング<<

 

植毛を取り扱うクリニックの一覧