FUERS(ヒュエルス)植毛のメリットとデメリットを詳しく解説します

更新日:2019年6月10日

公開日:2016年5月10日

FUERS(ヒュエルス)植毛のメリットはなに?

FUERS(ヒュエルス)植毛に使うパンチブレード

 

FUERS(ヒュエルス)植毛のメリットは以下の通りです。

 

  • メスを使わない
  • 手術時間が短め(日帰りOK)
  • 精密な植毛ができる
  • 高密度の移植ができる

 

最大のメリットは、メスを使わないので傷あとや痛みが少なくて済むことです。

 

また負担が少なく済むので日帰り手術も可能になっています。

 

FUERS(ヒュエルス)植毛のデメリットはなに?

アイダイレクト(i-direct)法のデメリットは以下の通りです。

 

  • 費用が高額
  • 小さいけど傷が残る
  • KM新宿クリニックしか取り扱いがない

 

植毛手術の種類の中でメスを使わない施術方法は費用が高くなる傾向にあって、FUERS植毛も例外ではありません。軽自動車なら新車で買えるほどの費用がかかります。

 

また、このFUERS植毛はKM新宿クリニックのみの取り扱いなので、関東エリア以外の方は施術を受けるのもデメリットのひとつになります。

 

FUERS(ヒュエルス)植毛の特徴

自毛植毛の手術をする場合、ドナーと呼ばれる移植のもとになる毛包を後頭部から採取する必要があります。この際にメスを使って採取すると後頭部に大きな傷あとが残るデメリットがありました。

 

FUERS(ヒュエルス)植毛はメスを使いません。採取に使う道具も0.5mmという超極細のマイクロパンチブレードを使うことができるので、傷あとは最小限ですみます。

 

毛包の大きさを考えると0.5mmより小さいサイズは物理的に不可能で、傷あとを小さくできるもっとも小さいサイズです。

 

場所によってはパンチの大きさが小さければいいというものではありませんが、部位毎に大きさの合うパンチを選択できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

FUERS(ヒュエルス)植毛が開発された経緯

FUERS植毛はメスを使わないFUE法という術式をベースにしていますが、FUERS植毛=FUE法でほぼ違いはありません。

 

植毛クリニックはそれぞれクリニック独自の施術方法をうたっていますが、このFUERS植毛を調査した結果、唯一の特徴は世界最小0.5mmのパンチブレードを使えることしかなかったからです。

 

※0.6mmまでのブレードは他院でも使われています。

 

導入しているクリニック

KM新宿クリニック独自の術式のため、取り扱っているのはKM新宿クリニックしかありません。

 

まとめ

自毛植毛の施術名としてあるFUERS(ヒュエルス)植毛は、KM新宿クリニックが独自に開発した技術です。

 

ドナーの採取には、これ以上小さくできない0.5mmのパンチブレードを使うこともできるため、繊細なドナー採取ができることと、無駄に頭皮を痛める必要もありません。

 

また、最小単位でドナーを採取することで植え込む時もドナーを敷き詰めることができ、密度の高い植毛が可能になります。

 

しかし、このFUERS(ヒュエルス)植毛、ドナーの採取に世界最小のパンチブレードを使えるというだけで、FUE法(メスを使わない)とほとんど変わりません。

 

植毛手術を考えている場合、ひとつのクリニックで決めず、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けてから決めるのがおすすめの方法です。

 

植毛手術で絶対失敗しないために、おすすめの植毛専門クリニックの情報もチェックしてみてください。

 

↓↓↓

 

【最新のおすすめ植毛クリニックランキング】

 

植毛の術式に関連するおすすめ記事

植毛を取り扱うクリニックはすべてが同じ術式なわけではありません。クリニックによっては独自の術式を採用していることもあるので参考にしてみてください。

 

 

 

植毛を取り扱うクリニックの一覧